不妊治療サプリ 男性

男性が今すぐできるのは不妊治療サプリと精液検査

子供が欲しいと考えているご夫婦は多いと思いますが、誰もがすぐに子宝に恵まれるとは限りません。

妊娠のために不妊治療に取り組む際、男性ではなく女性側が治療に取り組むケースは多いです。

子どもができないのは女性のせいではなく男性の割合も高いのです。

しかし、実は不妊の原因が男性側の問題という可能性もあるのです。

そこで、改善するために不妊の原因を探るために精液検査を行い、必要に応じて男性も不妊治療サプリを利用することをおすすめします。

一番最初に男性にできることが不妊治療サプリです

もしかしたら、子どもができない男性の中には「そのうち出来るよ」「子どもが自分にできないわけがない」と考えている方もいるかもしれません。

また、実際に周囲のい赤ちゃんができた報告や親からの圧力でプレッシャーを感じている方もいるかもしれません。

いずれにしても、まず最初に男性に今すぐにできる事が不妊治療サプリを始めることです。

これなら忙しくてもネット通販で注文してすぐに届き次第、妊活をスタートする事ができます。

まだ、夫婦で不妊治療に関して話し合っていないケースや、タイミングを計っている時でも、男性が不妊治療サプリを飲み始めたのを見れば意識しない事はないでしょう。

パートナーの女性と前向きに不妊治療サプリを始めましょう。

未だに子どもができない原因が女性だと思い込んでいるケースは、早期改善が難しい傾向にあります。

何故なら、その理由はどちらか一方のせいでと考えている時点で、問題があるからです。

片方が頑張ることではなく、男性も一緒に支えて協力する事で、より一層、妊活が成功しやすい環境を作れるのです。

女性が生理周期などを管理したり、色々な努力をしている間に男性も不妊治療サプリを飲んでみることからスタートしましょう。

男性不妊の基本は精液検査

男性不妊症の診断および治療の基本は精液検査です。

医療機関は、『WHO精液検査ラボマニュアル』に準拠して検査を行います。

精液に対する所見は変動する可能性があるため、子どもができない時は最低でも2回は検査をすることが一般的です。

検査を医療機関で検査した際、チェックポイントは以下のとおりです。

まずは、以下を参考に、ご自身の精子が健康な状態かどうかを確認してみてください。

不妊治療サプリと同時進行で検査に行きましょう。

肉眼所見

乳白色または白色が健康な精液の色です。

白血球が混じった黄色っぽい男性の精液は「膿精液」、血液が混じっている精液は「血精液」として診断されます。

精液量

精液の重さを重量法によって測定します。

1.5mlから5ml程度が正常な精液量の基準値です。

多すぎても不妊の原因があるとされています。

ph検査

正常な精液はアルカリ性なので、射精1時間以内にphを測定し、アルカリ性が維持されているかを測定します。

新鮮な精液は弱アルカリ性で、7.2から7.8が正常な範囲です。

もし、男性に炎症が起きている場合はphが8を上回ることもあります。

Phが7を下回る場合、射精管閉塞症などが疑われるため注意が必要です。

精子運動率

400倍の倍率の顕微鏡で測定し、精液内の精子の運動率を測定します。

前進運動精子、非前進運動精子、不動精子と3つの状態にある個体の割合をそれぞれ算出して評価。

病院によって評価基準は異なりますが、子どもができない男性は最低でも32%以上の運動量が目安とされています。

精子濃度

計算版を使い、精子の動きを止めた状態での段階で数を測定します。

1ml中1,500万個以上が精子濃度の基準値です。

もし、算出しづらい場合は精液を遠心分離し、精子が含まれていないかを調べます。

なお、精子の形態が異常なケースもあるため、男性はそれぞれの形態を分類します。

精子生存率

精子を染色して、精子生存率を測定します。

死んでいる場合、男性の精子は赤く染まります。

生きている精子が58%以上いることが正常な基準値です。

白血球数

精液中の白血球を染色し、膿精液症ではないかを測定します。

男性の精液中の白血球数は1mlあたり100万個以下が正常値です。

ただし、測定はあくまでも異常値しか測定できません。

正常な日本人の子どもができない男性は精液検査を受けることがないため、正常な基準値がわからないからです。

この点はあくまでも改善のための参考値であると留意しましょう。

タイミング法による治療とリスク

不妊が疑われる場合、まずはタイミング法から始めます。

女性の排卵日を毎月の周期から予測し、子どもができないのであればタイミングを見計らってセックスする手法です。

基本的には排卵日を目安にセックスしたほうが着床する確率は高くなります。

男性も不妊治療サプリを飲むなど協力体制を作りましょう。

しかし、タイミング法では必ずうまくいくとは限りません。

タイミング法で心配なことは、排卵日のタイミングを意識しすぎるあまり、プレッシャーに感じてEDや射精障害になってしまうリスクです。

また、子どもができない男女ともに排卵日うつになり、セックスそのものにネガティブな感情を改善できないと抱いてしまうかもしれません。

セックスのタイミングに対してEDや射精障害、排卵日うつの対策としては、いつでもセックスしてよいという認識を持つことが効果的です。

原因を知り必要に応じてED治療薬やサプリを服用したり、人工授精を検討したりするとよいでしょう。

助成金制度や医療費控除を活用しよう

不妊治療は助成金制度や医療費控除が適用されます。

医療機関での検査および治療にかかる費用のほか、移動に際しての電車やバスのお金も交通費として処理が可能です。

不妊を解消する目的で受けた鍼灸またはマッサージも、国家資格の下で運営している店舗で受けた場合、医療費控除の対象となります。

さらに、子どもができない時は医師の指導によって購入した男性の不妊治療サプリは、医療費控除の対象となるケースもあることが特徴です。

病院で処方される男性の不妊治療サプリとは?。

確定申告を受けると、男性でも不妊治療サプリの代金のうちの一部が戻ってくることがあるのです。

医療費控除が認められた場合、原因はどうあれ不妊治療に使うお金が大幅に節約できます。

ただし、男性用の不妊治療サプリは必ずしも控除が適用されるとは限りません。

領収書を保管し、申請できるかどうかを申告時に税務署に改善へ向けて子どもができない男性も確認しておくとよいでしょう。

医療機関で不妊治療を受けよう

最初に不妊治療を男性が受けることは少ないです。

大抵の場合、女性がサプリを飲んだり不妊治療に臨み、ある程度治療を進めた結果、子どもができない男性側に不妊の原因があるのではないかと考え、徐々に治療対象を男性に移します。

病院やクリニックに行き、精子の数量や運動率を測定します。

男性側に不妊の原因があると考えられるケースでは、活性酸素によって身体がサビついていると考えるのが一般的です。

不妊治療サプリだけでなく男性も病院で診察を受けましょう。

とくに、現代人は生活スタイルや仕事によるストレスが災いし、身体が酸化してしまうことが少なくありません。

しかし、自らに不妊の原因があると考え、医療機関へ行くことに抵抗がある人もいると思います。

病院やクリニックへ行かずに不妊治療を行うにあたって、まずは男性も不妊治療サプリを摂取し、子どもができない際は男性機能の回復に努めることが考えられます。

アルギニンや亜鉛といった成分を含むサプリメントも多く、改善して男性らしさを取り戻す過程で精液も元の状態に戻るかもしれません。

ミトコンドリア活性化の男性の不妊治療サプリも効果的

男性の子どもができない不妊を改善させる方法のうち、精子の運動能力を取り戻すことが挙げられます。

精子の運動量と関係するのが不妊治療サプリに配合されているミトコンドリアだと言われています。

ミトコンドリアは細胞のはたらきを活発にする役割があるとされていますが、この運動量も活発にするという説が有力です。

もし、精子の運動量が弱い場合、ミトコンドリアを摂取することで不妊治療に好影響を与えるかもしれません。

男性も不妊治療サプリでミトコンドリアを活性化させる。

実は、筑波大学をはじめとした研究チームの研究によると、この染色体のミトコンドリア異常によって不妊症になるリスクが高まることが明らかになっています。

ミトコンドリアが正常に働くことによって、細胞内でエネルギー産生が活発になることがわかったのです。

こうした原因を検査し、研究結果をもとに、ミトコンドリアの活性化に寄与する子どもができない男性のための不妊治療サプリも登場しています。

これは、サプリの不妊治療のためには欠かせないものと考えられます。

精子の運動率を改善するためのポイント

精液検査の結果、精子の運動率が低かったという子どもができない男性もいると思います。

サプリを飲んでいても様々な原因で運動率が低い状態を精子無力症と言いますが、活発に前進する割合が20%未満または前進運動する精子が50%未満の場合、この病名が診断されます。

健康な状態と比べると難しいですが、妊娠できる可能性は十分にある状態です。

妊娠しやすい男性の精子運動率は50%という説もありますが、WHOによると標準的な数値は40%とされています。

精子運動率を測定した結果、40%以上をキープしていれば大きな問題はありません。

不妊治療サプリで運動率を上げることはできる?。

しかし、30%台程度であれば正常とする医療機関もあるため、判断基準には差が出るポイントです。

また、精子運動率が30%を下回っていたとしても、妊娠できる可能性はあります。

仮に30%前後の精子運動率だとしても、質の良い卵子と出会えれば自然妊娠できることもあります。

もし、不妊治療サプリだけでは自然妊娠が難しいという場合、人工授精によって受精させることが多いです。

その際、遠心分離機にかけて、質のよい精子を選別すると運動率は改善します。

子どもができない男性の精子の運動率が低いからと言って諦める必要はありません。

精液検査に必要な禁欲期間

禁欲期間とは、一度射精してから次の射精までの日数です。

数え方は異なりますが、射精をしていない日が3日間以上になると、不妊治療サプリでも子どもができない状態を改善しなければ受精率が低下するのではないかと考えられています。

禁欲期間が長いほうが精子は溜まりやすいのではないかという人もいますが、実は原因によって男性の精子の運動率は下がってしまうようです。

禁欲期間が短いほうが受精卵にも好影響を与えます。

禁欲期間の間も不妊治療サプリは飲んでいいのでしょうか?。

受精率だけでなく、良好分割率や胚盤胞発生率といった指標を見てもよい結果が出やすいです。

その理由は、禁欲期間が長い精子は、DNA損傷率が高いからだとされています。

子どもができない時は不妊治療サプリで自然妊娠を目指す際だけでなく、人工授精や体外受精などを検討する場合も、男性は禁欲期間は影響すると考えられます。

もし、こういった選択肢を検討している方は、禁欲期間を少なくしてみるとよいでしょう。

自宅で精液検査を試してみよう

男性が病院やクリニックに行くことに抵抗があったり、仕事が忙しくて不妊治療サプリは飲んでいても行く時間がなかったりする人もいるでしょう。

実は、自宅で手軽に精液検査をすることもできます。

精液検査キットを使うと、量や濃度、総精子量、または運動量、他にも形態といった項目が判定可能です。

不妊治療サプリだけでなく家で検査も子どもができないなら必要?

自宅で精液検査する方法は、顕微鏡やスライド、スポイトなどを使用します。

これらの器具を使いつつ、自分で顕微鏡を覗き込むと運動量がわかる仕組みです。

この量は体調やストレスなど、原因次第で改善できずに減少することも多いので、不妊治療サプリで子どもができない男性は自宅で測定するときは複数回試してみましょう。

精液の状態がよくない原因はOAT症候群

平均よりも数が少なかったり運動率が低かったり、奇形の精子が多かったりするケースを総称し、OAT症候群と言います。

男性のOAT症候群の場合、これらのすべての指標が標準値を下回っていることがほとんどです。

造精機能にトラブルがあるため、精液所見が悪くなっていると考えられます。

OAT症候群の治療法は、ホルモンを投与するほか、ビタミン剤や漢方薬を服用するのが代表的です。

医師の指導の下、男性も不妊治療サプリを使用することもあります。

原因不明のことも多いため、本人の体質に合わせて治療を行い、子どもができない時には改善に向けて不妊治療サプリだけでなくできる限りのことに取り組む流れが一般的です。

精策静脈瘤による造精機能の低下リスク

検査を行って男性の精液所見に問題がある場合、多くのケースでは造精機能障害ではないかと考えられます。

子どもができない男性は多くの場合、精策静脈瘤が原因だと考えられます。

では、精策静脈瘤とはどのような症状なのでしょうか。

精策静脈瘤とは、精巣につながる部分にこぶができている状態です。

精巣の温度が2℃から3℃上昇し、精巣が持つ造精機能が低下してしまいます。

これは、精巣が熱に弱いからです。

さらに、精策静脈瘤ができていると、精子のDNA損傷率が高くなると考えられています。

不妊治療サプリだけでなく抗酸化療法(CoQ10)または手術によって治療するのが、改善には一般的です。

ホルモン分泌異常による造精機能の低下リスク

ホルモン分泌異常は、造精機能が低下する障害のひとつです。

下垂体ホルモンの分泌が減少してしまい、いくらサプリを飲んでも男性の精子がつくる機能が低下してしまいます。

症名としては「低ゴナドトロピン性精巣機能低下症」と呼ばれています。

下垂体ホルモンの分泌が少ないことが原因なので、ホルモン分泌異常がわかったら、ホルモン補充療法で対策することが一般的です。

子どもができない時に不足したホルモンを補うことで、精液の内容が不妊治療サプリで改善することもしばしばあります。

精子のバンキングはハイリスク

不妊治療を行う男性が取り組む方法のうち、質のよいものを選別して保存するバンキングという方法があります。

これは、液体窒素を用いて状態のよい精子を冷凍保存することです。

不妊治療の現場ではしばしば用いられていますが、不妊治療サプリを飲んでいても子どもができない夫婦にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、バンキングによってDNAが損傷したタイプや運動率の低いものを除くことができます。

次に、射精によって健康の状態が変わるリスクを抑えることが可能です。

さらに、冷凍状態から解凍したときに生き残った強いタイプを使えるため、流産率が低下するのではないかという研究も進んでいます。

ただし、精子バンキングに感染症をはじめとしたリスクもついて回るものです。

できる限り、原因を検査し自然妊娠や人工授精による出産ができるよう、改善へ向けて男性が不妊治療サプリ服用によってこれを健康な状態に回復させるほうがよいでしょう。

男性の不妊治療サプリだけでなく何か今できる事はないか考えましょう

不妊治療サプリを飲むだけでなく精液検査を実施すると、ご自身の精子の状態がわかると思います。

たとえば、精子の量や運動率、濃度など、さまざまな検査結果を通じ、子どもができない際は健康状態を測定できます。

一般的には不妊の原因は女性だけではなく、男性側にも均等にあるはずです。

不妊治療サプリを男性も飲むことで状態が改善できる可能性もあるので、不妊に悩んでいるのであれば、ぜひ試してみてください。